ユーグレナから生まれた麹酵素の飲み方は?正しい飲むタイミングと注意すべき点は?

体内をクレンズして善玉菌を増やすと話題のダイエットサプリ「ビークレンズ」。

ビークレンズの正しい飲み方はどのようなものなのでしょうか?

正しいタイミングと注意すべき点について詳しく調べてみました!

 

ビークレンズの飲み方は?

ビークレンズの正しい飲み方

公式サイトによるとビークレンズは薬ではないので飲むタイミングや量に決まりはないようです。

ビークレンズの袋には飲み方について「一日一回水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。」と記載されているので、そのようにすると良いと思います。

飲むタイミングは「朝食前」や「就寝前」など毎日決まったスタイルで取り入れると飲み忘れることなく続けることが出来るのでおすすめです。

水の量は?

ビークレンズは水やぬるま湯に溶かして飲むのが一般的ですが水の量について詳しい記載がありません

250mlの水に溶かして飲むと飲み終わった後溶け残りがコップの底に残ってしまうので、500ml位のたっぷりの水に溶かした方が良いようです。

また、水やぬるま湯だけでなく豆乳・牛乳・ヨーグルトなどに溶かして飲んでも良いようです。

水なしでも飲める?

ビークレンズは水なしで飲むことも可能です。

ただ、その場合ベリーの甘酸っぱい味がダイレクトに口の中に広がるのでそれが苦手な方には向いていないかもしれません。

ビークレンズを飲む際に注意すること

一度に大量に飲むとお腹が緩くなる

ビークレンズは薬ではないので決まった量はありませんが、1日1回1袋飲むのが適量のようです。

一度に大量に飲むとお腹が緩くなることがあります。

また、量を増やすより継続して続ける方が効果的なのでそのような飲み方はおすすめしません。

アレルギー食物が入っている方は避けた方が良い

ビーグレンスは、小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツが含まれています。

以上の食物の中にアレルギーがある方は使用を避けた方が良いと思います。

ビークレンズのデメリット

実際にビークレンズを使用した方の口コミを調べてビークレンズのデメリットを調べてみました!

唇が黒くなる…

水に溶かしてビークレンズを飲んだ場合、飲み終わった後唇が黒くなってしまいます。

自宅で飲む分には問題ないのですが、会社のお昼休みなどに飲むには勇気が要りそうです。

そのまま飲むのはなかなか難しい

ビークレンズは水やお湯などに溶かさずそのまま飲んでも大丈夫なのですが、水などで薄まらないとかなり甘酸っぱい味になるので、苦手な方が多いようです。

20日間返金保証期間中に水・ぬるま湯に溶かして飲む場合とそのまま飲む場合両方試してみることをおすすめします。

即効性はない!

ビークレンズは腸内環境を整え、基礎代謝を上げることでダイエットしやすい身体に改善してくれる商品なので即効性はありません。

公式サイトが推奨しているように1カ月~5カ月は使用を継続すると効果を実感しやすいようです。

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・公式サイトによるとビークレンズは薬ではないので飲むタイミングや量に決まりはないが、ビークレンズの袋には飲み方について「一日一回水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。」と記載されているので、そのようにすると良い。

・飲むタイミングは「朝食前」や「就寝前」など毎日決まったスタイルで取り入れると飲み忘れることなく続けることが出来るのでおすすめ。

・ビークレンズは水やぬるま湯に溶かして飲むのが一般的ですが水の量について詳しい記載がありませんが、250mlの水に溶かして飲むと飲み終わった後溶け残りがコップの底に残ってしまうので、500ml位のたっぷりの水に溶かした方が良いようです。

・ビークレンズは水やぬるま湯だけでなく豆乳・牛乳・ヨーグルトなどに溶かして飲んでも良い。

・ビークレンズを飲む際に注意することには以下の事があります。

□一度に大量に飲むとお腹が緩くなる

□アレルギー食物が入っている方は避けた方が良い

・ビークレンズのデメリットには以下のものがある。

□唇が黒くなる…

□そのまま飲むのはなかなか難しい

□即効性はない!